年号や人名が覚えられない人のための記憶力がアップする最短成績アップ術!

日本史や世界史は大嫌い!年号や人名が覚えるのが大の苦手でした・・・。
私は受験勉強の中で、最も苦手とした科目が社会。
だって、歴史や地理の教科書って、読んでいても面白くないし、すぐに眠くなりました・・・。

 

そんな私でも、大人になってから こんないい方法があったんだ・・・。
ってちょっとショックを受けたのが『漫画版日本の歴史』や『漫画版世界の歴史』の存在でした。

 

歴史が大嫌いな私でしたが、歴史という感覚ではなくて、ただの物語としてスーっと頭に入ってくる。
しかも、いつのまにかワクワクしながら、その世界にのめり込み、次から次へと読みたくなっている自分がいました。

 

今までただの義務だった歴史上の人物が、映画の中の主人公のようにリアルに存在する人物としてイメージできる(°д°)

 

歴史が苦手・・・。

 

そんな人たちは、もしかして想像力が乏しい傾向があるのかもしれません。(ただ、私だけだったらすみませんm(_)m
そんな想像力を補助してくれるのが、漫画による歴史の勉強なんですね。

 

登場人物がまるでアニメの主人公のような親近感を感じられるようになります
一度、漫画版日本の歴史や世界の歴史を一通り読むだけで、その登場人物に愛着と興味が湧くようになります。
小さい頃大好きだったテレビのアニメのストーリーや人の名前って、絶対覚えてるじゃないですか・・・。

 

まったくそれと同じ状況が歴史の勉強でおこるわけです。
今までみたいに、努力と忍耐で単語帳や問題集とにらめっこしなくても、学校の授業を聞いているだけで、どんどん暗記できちゃうようになれる脳内回路になるんですね。

 

歴史が好きになることが、記憶力向上・暗記力を上げるコツだった!
記憶力や暗記力は、努力して身に付けるというよりも、まず勉強するものに興味をもち、好きになることが一番なんですね。
勉強を好きになれ!そんなこと無理だよ〜。
という人も、マンガやアニメは好きって人がたくさんいるはずです。

 

ならば、まずは漫画日本の歴史や漫画世界の歴史から、世界に入ってみるといいのかもしれないですね。

 

高いようで高くない、先行投資として価値のある本

学生の身分で、親に2万円近くする書籍を買ってもらうのは、抵抗がある。
そんな心優しいお子さんたちに一言!

 

この2万円の投資が、先々何百万、何千万になって帰ってきます!
お母さんたちは、それを知っています。
なぜなら、社会の成績がアップして、志望校のランクが上がったら、将来の会社や就職先、職業まで全て変わってきますよね。

 

だから、今の2万円ちょっとの投資って、子供の将来がよくなるなら、親にとっては嬉しいことでしかないんです。
だから、遠慮せずに、参考書や問題集にはしっかりお母さん、お父さんにお願いしましょう。

 

もし、どうしても心苦しいのなら、大きくなってアルバイトでお金を返すから!
そう言って、買ってもらいましょうヽ(´▽`)/

 

でないと、私のように、あとで後悔することになりますので・・・・。
(大学に行っておけばよかったと後悔しているタロちゃんママでした)