まだ間に合う!志望校を短期間で1ランク上げるための暗記科目攻略法

日本史と世界史がたった30日で覚えられちゃう方法
歴史ほど、勉強法で時間短縮をできる教科はない!
つまり、効率のよい勉強法を知っている人、知っていない人では
同じ量のことを覚えるのにも、10倍〜30倍も違ってくると言われています。

 

ただ、教科書をダラダラ読んでいるなら、おそらく教科書1冊を覚えるのに膨大な時間がかかりますよね。
だから、正しい記憶のコツさえ知っていれば、自分が3ヶ月かかると思っていた勉強量をわずか3日で覚えることも可能だということです。

 

でも、そのコツがわからないんだよ!
という受験生のみなさん、ここはちょっとお金がかかっても、先輩からコツを教えてもらうのが早道です。
ここで紹介している、歴史暗記法は東大に合格した先輩が伝授してくれる暗記術。

 

いくら自分で歯をくいしばって勉強したのに、得点が上がらず行きたい高校を諦めた・・・。
そんなことがないように、記憶のプロたちが使っている記憶術を習得して、志望校合格を目指しましょう。

 

短時間で大量のものを覚えるにはどうしたらいいの?

 

あっというまに忘れる記憶でなく、ずっと頭に記憶できて忘れない勉強術を手に入れることができたら、私達は受験はもちろん、資格や就職試験、ビジネスの面で大きな武器を手に入れることが可能ですよね。

 

ほとんどの人が、この短期記憶でストップして、長期記憶に変えることができていないのだそうです。
この記憶したことをずっと維持して長期間キープするには・・・。

 

素人が思い浮かぶのは、語呂合わせやひたすら繰り返し、たくさん問題を解きまくる!
そんなことくらいしか思い浮かびませんよね。

 

でも、さすが東大生が作った勉強法マニュアルです。
随所に今までの経験と知識、工夫が盛り込まれた、歴史記憶術なら、ニワトリ頭の私でもなんとかなりそうな気がします・・・。

 

 

なんだかよく意味がわかりませんね・・・・!?

 

でも、高いお金を出して、何ヶ月も塾に通うより、よっぽど効果が期待できそうです。
高いお金を出さなくても、ちょっとこのページでヒントがもらえるようですよ!